+1 プラスワン

京都サンガF.C.アプリを使ってみた【スタグルモバイルオーダー編】


先日、KDDIさまとの連携で完成したらしい京都サンガF.C.公式アプリがリリースされました。
アプリ全体については一旦置いておいて、せっかくなのでその内の一機能「スタグルモバイルオーダー」を活用してみたお話を。




試合前日まで

新型コロナウイルス感染症流行に伴ってUber Eatsや出前館などの飲食宅配サービスが急速に浸透していますが、スポーツ観戦における飲食のオンライン注文システムもコロナ禍以前から日本国内においても徐々に導入が進んでいるサービス。
Jリーグでは大宮、川崎、岡山、名古屋などが「スタグル」(=スタジアムグルメ)の注文サービスを実施しています。

京都が今回はじめたサービスは名古屋と同じ会社のもの。
というか、名古屋もスポンサーであるKDDIが絡んでいますね。
nagoya-grampus.jp


京都のサービスは注文期限が試合前日の23時59分までなので、前もって来場が確定しているユーザーのみが利用できる形。
(今回はアプリと絡めて話していますが、別にアプリをダウンロードしなくともwebから注文は可能です。ややこしくてごめんなさい)



アプリを立ち上げて、モバイルオーダーのメニューから注文手続きを進めます。
席に運んでもらえるのではなく受取方式ですね。
f:id:nya137:20201017191833p:plain


ラインナップの中から選ぶのですが、もう少し詳細な情報が得られると助かりますね。現地で調理状況を見て判断できないので。
f:id:nya137:20201017191847p:plain
f:id:nya137:20201017191859p:plain


商品を選択すると決済画面へ進みます。
決済方法はクレジットカードのみ。試していませんがデビットはセーフでしょうか。au pay等決済方法は今後拡充してほしいところです。
また、このサービスを利用して注文する場合は商品価格が『通常価格+100円』に設定されています。カード手数料とこのサービス導入における諸コストを考えれば、先行事例同様に100円程度のマージンがあるのは当然理解できるのですが、、
f:id:nya137:20201017191921p:plain




試合当日

13時ちょうどを受取時刻に設定しておきながら亀岡駅に13時10分着だったので焦ったのですが、スタジアム内の受取場所で注文時に配信されるメールに記載された番号を伝えて無事に受け取り。
12時54分の時点で「完成しました」というメールが届いたのは早めに受け取る事もできて良いなと思いました
f:id:nya137:20201018215342j:plain


ちなみに頼んだ品。ルーローまぜそば(プレジールさん)。
600円(実際は700円)でこの量と質ならリピートしようかなと思える一品でした。
f:id:nya137:20201018215403j:plain



使ってみた感想

モバイルオーダー最大の長所は「並ばずに注文できて受け取れる」点に尽きるかと思いますが、コロナ禍での入場者数制限がある中ではそこまで待たずとも購買できる事から、1品100円のコストを上乗せしてまで使う価値のあるサービスかというと正直微妙な所だと思います。

これは外部環境によるものなので致し方ないと思うのですが、加えて、
①注文時に得られる情報量が少ない(静止画1枚のみで味や具材にまつわる情報が欠如)
②アレルギー関連情報がない(そもそも場内にもない)
③当日の注文には使えない
④細かいオーダーができない(例:食材の一部を抜いてもらう)
この4点は、可及的速やかに改善すべきポイントだと思います。


先程も言ったように、ユーザーにとっては並ばずに注文できて受け取れるからこそ対価を払う価値があるものです。
現行のシステムでは、ユーザーは極めて限られた情報の中から事前に注文と決済を済ませて当日を迎える事になります。また、私のようなネギ嫌いは「ネギ抜きで」とオーダーしたい所がそのような要望も出せず…。
店舗側からすると注文数が確定しており入金も確実なのでロスが生まれる事はないですし、取りに来る時間も確定している訳ですからピークシフトも可能です。(他方で、正直そう旨味は大きくないであろうスタジアムでの出店でカード手数料を引かれる痛みは大きいと思います)
店舗側にもメリットがある仕組みなのに、色々と我慢して100円追加で払ってこれではお得感を感じられないなというのが本音です。


また、①と③から、現状使用が想定されるユーザーは"京都サンガの固定客"で"スタジアムグルメの購入頻度が高く、ある程度商品知識がある人"で"スムーズに受取れるメリットに共感した人"ぐらいでしょうから、一見のお客さんがこのサービスを利用して観戦価値の向上に繋がることはまずないでしょう。
そうなると、ただでさえ京都サンガサポーターという母数の少ない集団の中で、更に小さな小さなパイを相手にサービスを展開しても妙味が少ないですし、ユーザー数が少なければプラス100円のコストが維持すら怪しい訳で。
もちろん、ここから徐々にアップデートが図られるとは思うので全くネガティブには捉えていないのですが、テコ入れの速度については考えてもらいたいかなというのが初めて利用してみた感想です。

公式アプリそのものもそうですが、狙いに対して投資効果が得られるのか。そこのところは早くしていただければ幸いです。
あと早くWi-Fiを使えるようにしてください……