+1 プラスワン

ふるさと納税を活用して、建設費の寄付ができるサッカースタジアム計画リスト(2022年末ver)

 

 

今年verです。もし漏れてたらごめん。

 

 

 

 

 

広島県広島市/サンフレッチェ広島

2024シーズンからの開業へ向けて、現在工事真っ最中の広島市サッカースタジアム計画では引き続き寄付を受付中。サンフレッチェ広島にとって待望の新スタジアムはもう既に骨格が完成に近づいている。

5万円で「新スタジアムに自分の名前を残せる」他、特産品まで返礼されるので一番激アツな寄付先である。

 

 

 

石川県金沢市/ツエーゲン金沢

北陸地方初のJリーグ規格のサッカースタジアム整備が進められている金沢市。金額1,000万円の目標に対して、既に達成率は260%超。こちらも5万円以上の寄付でネームプレートの特典が受けられる。

広島と同じく2024年開業ではあるが、来年度以降の実施可否が分からないのでご注意を。

 

 

愛媛県今治市/FC今治

近年民間資本を活用したスタジアム整備計画が増加してきた中で、金融機関からの借入も活用して社運を賭けた新スタジアム建設を進めるFC今治

ふるさと納税やグッズによる資金調達も行っているので、是非とも支援の輪が広がって欲しいところだ。

FC今治 ゴール裏プレート A(菊間瓦)|【公式】Jリーグオンラインストア J.LEAGUE ONLINE STORE

>このたび、乾汽船株式会社様より、今治市FC今治サッカー専用スタジアム建設プロジェクト」(企業版ふるさと納税)に、1億円をご寄付いただくことになり

企業版ふるさと納税寄附金贈呈式について/乾汽船株式会社|里山スタジアムプロジェクト|SATOYAMA STADIUM PROJECT(FC今治新スタジアム)

 

 

 

宮崎県新富町/テゲバジャーロ宮崎

ちょっと毛色は異なるが、新設したサッカースタジアムに照明設備を用意する為の寄付である。

 

 

 

兵庫県神戸市/ヴィッセル神戸

ヴィッセル神戸が運営管理を担うノエビアスタジアム神戸も、宮崎同様に、スタジアムの設備更新に関するふるさと納税を受付している。

 

 

大阪府河内長野市/スペランツァ大阪

女子サッカーチーム:スペランツァ大阪のホームスタジアムを核としたまちづくりを計画してのふるさと納税。地域の課題をサッカーで解決しようと云う野心的で胸の熱くなる話だが、整備するスタジアムは実情に合わせたキャパシティでこれまた好感が持てる。是非とも多くの人に認知・支援されてほしい計画だ。

 

 

 

京都府亀岡市/京都サンガF.C.

我らがサンガスタジアムbyKYOCERAも引き続き寄付を受付中。

J1昇格を記念して、今年はサンガカラーのネームプレートで自身の名を残す事ができる。美しいスタジアムに。

 

 

 

 

「サッカースタジアム整備を」と求めるのならば、まずは署名活動には参加しよう。寄付が開始されれば素晴らしい未来の為に投資しよう。ねだるな、勝ち取れ。求めるからには相応の責任を果たそう。

 

ともかく、この年末にふるさと納税を考えているそこの貴方。是非一度サッカースタジアム整備へ寄付を検討してみてはいかがだろうか。

 

See you soon…!